霊園の種類

霊園や墓地には、公営、民営、寺院と、経営主体によって大きく3つに分類されていますので、大阪で霊園や墓地を探しているのであれば、まずはそれぞれの特徴を知っておくと、探しやすいかもしれません。

1つ目の公営の霊園や墓地は、大阪府や大阪府内の市町村などといった自治体によって運営されており、経営、及び管理体制が安定しているのが特長です。

永代使用料や管理料が他の2つと比べると比較的安い上に一区間が広く、また永続性も保証されていることから、人気がもっと高い霊園・墓地です。

そして、宗旨や宗派を問わずに購入できることや、自由に石材店を選べるというフレキシビリティが高いのも人気の理由の1つとなっているようです。

随時申込者が多いことから、抽選制になっているところが多く、入手までに時間がかかるのがデメリットでしょう。

次に民営霊園・墓地です。

墓石販売も請け負う西鶴のような民間会社、公益法人が運営していて宗旨や宗派を問わずに購入することができます

永代使用料や管理料は、30万円から60万円が相場となっており、大阪の都市部となると100万円を超えるところもありますが、その分霊園・墓地内の施設はかなり充実しています。

寺院墓地は、名前通り寺院の境内にある墓地のことで、お墓を所有することで檀家となりますから、その寺院の宗旨や宗派に従わなければなりません。

永代使用料は、寺院によって異なる場合が多く、10万円から100万円と、非常に幅広くなっています。